FC2ブログ

ぷーたろー縁側日記

永遠の15歳と10ヶ月。その日も8月9日、パグの日生まれのぷーたろー氏の悠々自適なご隠居ライフの記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いっしゅうきに。

いったん閉めちゃったブログですが、
きょうは、ぷーたろー氏が旅立ってからちょうど一年。

今日だけひさしぶりに侍従2号にもどって、
この1年感じたこと、考えたことを書いてみようかと思います。



3mon.jpg
ぷーたろー氏、3ヶ月



いまでもウチでは、ぷーたろー氏のことが話題にのぼらない日はありません。
この1ヶ月くらいはとくに、
「もうすぐ1周忌だね」
ということもあってか、
あのときこうだった、このときああだった、と、
氏の登場回数はいっそう頻繁になっておりました。



6mon.jpg
ぷーたろー氏、6ヶ月



小さい時からの写真を見直してみたり、
もう、定番になったエピソードを繰り返して話したり。


「ホントにかわいかったねー」
「よくウチにきてくれた。」

という、楽しい話です。




1year.jpg
ぷーたろー氏、1歳





さて、ここからは、


ちょっと重い話になります。




7year.jpg
ぷーたろー氏、たぶん7歳くらい




氏の旅立ちは、私たちにとって
「看取った」
という実感がありました。
最後は苦しそうだったけど、さいごまで、目をそらさずに、看取れた。
預かったいのちを、ちゃんと送り出せた。返せた。
という実感です。




8year.jpg
ぷーたろー氏、8歳





たしかに、気にかかることはあります。

「あのときしたことは、ホントに、正しかったのかな。」

「見過ごしてたことがあったんじゃないかな。」

「もっとはやく気づいて手当てしていたら、
もっともっと長生きしてくれたんじゃないかな。」

などと、
「できなかったこと」、「もしも~だったら」、なこと、を
考えだすと、いまだに心臓がバクバクしてしまいます。




10year.jpg
ぷーたろー氏、10歳





けれど、それでも、

ペット(ここでは、あえてペットといいます)と暮らすこと、
いのちをあずかること、を
完全じゃなかったかもしれないけど、
精一杯、できるかぎりのことはできたんじゃないかなと思います。




が、



人の場合は、なかなかそうもうまくいきません。




13year.jpg
ぷーたろー氏、13歳





私たちヒトは、現在、強い意志で綿密に計画を練り、
周囲の協力や理解を得られないかぎり、
医療現場で死を迎えることになります。

そこでは「病気・症状」が主役です。
医療現場では、医療従事者も、患者本人も、そしてその家族も、
病気と闘うこと、治療がうまく進むことに主に目が向きがちです。
からだをモニターし、血液の数値で状態をはかり、その数値に一喜一憂します。
一致団結して病と闘うことがよし、とされます。

「もうちょっと治療をがんばって元気になろう」

治療できがうまく行って日常生活にもどれればそれでいいでしょう。
それはたいていの場合、正しいことでしょう。




14year.jpg
ぷーたろー氏、14歳




ですが、だれしもに、最期はあります。

最期の、「残念でした」という表現があらわすように、
医療機関での別れには、敗北の色がついてまわります。

たしかに、医学的にみると、残念な結果であるかもしれません。

しかし、波瀾万丈、紆余曲折を乗り越え生き抜いてきた、
かけがえのない一人の人生のおわりに、
その言葉はふさわしいものとはどうしても思えません。

あとになって、
貴重な残された時間を治療に費やし、
こころをおきざりにしてしまったのではないか、
という後悔にも似た気持ちが湧いてくるかもしれません。

こんなこというと、残されたものたちのエゴといわれるかもしれません。

「お医者さんも、本人も闘ってるねんから。さいごまでがんばらないと。」

と、いう人もいるかもしれません。

たしかに、たしかに。そうかもしれません。




15year.jpg
ぷーたろー氏、15歳





でも


医療現場という非日常的な状況においては、
医者と患者の関係は対等にはなりにくいものです。
長らえる命、命の質。
どちらを優先するのか、決定するのはだれなのか。
誰のための治療なのか。

患者や家族にとって、
病と闘う場で価値があるとされる、数日間、数週間長く生きることと、
精一杯生きったひとの人生を、そしてその人の旅立ちを祝福するための時間を持つこととを、
冷静に選ぶことはできるでしょうか。

そのひとの生きざまを大切にした、悔いのない判断ができるようにするためには
どうすればいいのでしょう。

最後を迎える患者に、家族に寄り添うことさえできないこともあります。
そばにいることが出来るようになるのは、
治療ができなくなり、意識もなくなっている
最後の数時間である場合さえあるかもしれません。




ワタクシ侍従2号は、その時はよかれと思ったひと言で、
家に帰りたかった”じじ”の最期の退院のチャンスを延ばしてしまいました。
嘘をついてでも、ウチに帰りたかった”じじ”の
隠していたヒミツの痛みを担当医に暴露してしまったのです。

「もうちょっとよくなってから、安心してウチに帰ろう。」

そのとき、”じじ”は、
見たこともないくらい、恐ろしいカオをしてワタクシを睨みつけました。
たぶん、本人にとっては、
それが最後のチャンスだということがわかっていたんだと思います。

それまで弱音を吐かなかったじじは、
「もう、ウチに帰れないきがする」。
そんなことを口にするようになりました。
旅立ったのは、それから、数日後でした。

がんばる気力がぷっつりきれてしまったのかもしれません。

ワタクシは、このことをずーっと悔やんでいました。

あのとき、嘘をついてでも、ウチに帰してあげるんだった。



それから1年、今度は氏が旅立つ準備をしているようでした。

人と犬とを比べることは間違っているかもしれませんが、
おウチ大好きな”じじ”と、氏がどうしても重なってしまっていました。

「ウチで、家族で見送ること」

”じじ”のときのどうしようもないワタクシの後悔を、
ぷーたろー氏はみごとにもっていってくれました。

氏の旅立ちを見送ったあと、
ワタクシと”ばば”は、
ひさしぶりに、なんとなく軽やかな気分になれたのです。



うーむ。。。



タダでは逝かぬスゴいヤツ。

まいったなー。

完敗ですじゃ。






むこうでもきっと、氏は、
「はぁ~っ」
っとため息をつきながら
”じじ”の後ろをとぼとぼと歩いているはずです。

「手間のかかるのにひっかかっちゃたなー」

ってね。




DSC_8819.jpg






そんなことを、考えていた1年、かな、いや、2年ちょいでした。




氏に会いにきてくださって、ありがとう!









おっと、存在感もなにもかも、まだまだアオくて氏には遠く及びませんが、
まごいちくんも、ニューフェース”かぼちゃん”もまいにちげんきでやってます!
こっちも、よろしく!





| その後の縁側日記 | 21:56 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ぷーたろー氏の一周忌によせて・・・

いつも思っています。
いつか我が家の パグたちともお別れが来るんだっていうことを。。。
だから、パグ達との毎日をたいせつにしようと思っています。
G2さんの今日のブログを読んで、その思いは一段と強くなりました。いつまでも一緒に生きていきたいのは、山々・・・だけどそうはいかない。。。私はパグたちより長生きをする!が目標です。
ぷーたろーさん、じじさんと仲良くやってらっしゃるのでしょうね。また会いにきますね。。。

| ぱんぷう | 2010/06/23 22:33 | URL |

こ、こまつくんだったんじゃ~!

| じゅんこ | 2010/06/23 23:27 | URL | ≫ EDIT

じつは・・・

本日、思い切って告白します!
うちのおだまきちゃんたら、まだ咲きませ~ん。
葉っぱがボーボー茂るのみ・・・
特に肥料とか与えていないんですけどね~
ぷ~さまったらお空の上から、私をからかって楽しんじゃいませんか?

コマツくん&ぷ~さま、ほぼ同じサイズですね。
散歩中に赤ちゃんと出会うと、『何ヶ月ですか?』ではなく、
つい『何キロですか?』と訪ねてしまうんですよ。
そして、たいてい『勝った!』と口走ってしまう失礼な私です。

これからも、あっちもこっちも、頻繁におじゃましますよ~

| ぶぶこ | 2010/06/24 00:43 | URL |

G2さんのお気持ちよく分ります。
じじさまのお最期、私の両親のと同じでした。
家に帰りたいと言われても、姉も兄もまだ現役で働いておりましたし、補佐に回る私も家庭、仕事、子育てで、家に引き取ることは無理でした。
人の最期はいついつ必ず来るという確定が無いので、人手が無いとなかなか長期間に及ぶかもしれないそれに対応できかねるのです。
それでも、病院に泊り込んで看病した最後の数夜に、有難う、お前は優しいネェと苦しい表情の中から言ってくれたことが、慰めとなってます。

ぷーさまのお最期は、きっと犬の本懐だったではないでしょうか。住み慣れた部屋のいつもの布団の上で、侍従さんもばばさまもいらっしゃるところで。
最期の数日間、たしかに病苦もありましたでしょうが、安心して旅立たれたと思いますよ。
モモさんの最期は憐れでした。 助かると思って受けた手術、氏かもそれをしなければもっと苦しみが来ることを知っていましたから。上手くいけば今頃はひよひよしながら、生きていたと思います。 抱いて最期を迎えさせたかったのですが。

昨日の早朝、玄関のドアが開き閉じる音がはっきり聞こえました。 誰かが帰宅した気配です。
父か、モモさんか・・・6月は二人が逝った月なのです。

ひるがえって、自分の最後を思うとき、延命治療だけは受けたくないと思います。今は訴訟やら何やらを恐れて医師も簡単には患者を死なせてくれません(苦笑)
ですが、残された家族が、アアいい最後だったと思ってくれるようになりたいと思います。 これから私が勉強しなければならぬ唯一つの課題でもあります。

| メイ | 2010/06/24 08:07 | URL |

こんばんは。

こんばんは。
ぷーたろー氏の一周忌に、
忘れずここへきてくださってありがとうございます。
正直、覚えていてくださることに、びっくりしました。
うれしいなぁ。
いやー、ぷーたろー氏は、すごいなー。

>ぱんぷうさん
かれらを見送ることはわたしたちの最も大きな役目のひとつですもん。
長生きせにゃなりませんよ。
しかも、散歩にはいかなアカンし、かれらのグルメな口も満足させないけません。
ただ長生きするだけじゃダメなんですよ。
元気で長生きせんといかんのです。
なかなかタイヘンです。


>じゅんこさん
コマツくんだったんですじゃー。


>ぶぶこさん
はっぱがぼーぼーに茂ってるならだいじょうぶ。
来年は咲くでしょう。
いや、咲かなくても、葉っぱもきれいでしょ?
肥料はとくに必要ないはずです。
ちょっとぷーたろー氏がいたずらしてるのかもしれませんね。

うむ。赤ちゃんと体重で勝負するとな。
なるほど。
この時期は、コマツくんにくらべて、まだ氏の方が勝ってましたな。
いまは、かぼと張り合ってますじゃ。


>メイさん
ちょっと愚痴っぽいことを書いてしまいました。
今の時代、病院で亡くなるのは、普通のことなのはわかっているんです。
病院も、担当医も本当に良くしてくれましたから。
しかし、
ウチは、かならず良くなる、明日にでも退院できる。
というお墨付きをもらったとこでの急変でしたから、
まったく心の準備ができてなかったんです。
誰もが「良くなる。さぁ、退院だ」そう信じていたんですが、
あとから思い起こしてみると、
はっきりと意識はしてなかったにせよ、
本人は感じていたのかもしてないなという気がしています。
その微妙な気配になんで気づけなかったんだろうと悔しかったんですよ。
有頂天な時ほど、足下にある、繊細だけど重大なことを見落としてしまうのかもしれません。

生まれる時は勢いで生まれてくるけど、
死ぬことにはあまり慣れてませんからね、難しいですわ。

モモさんの決断をされたときは苦しかったでしょうね。
しかし、決断するのが私たちの責任です。
氏のときも、これ以上カラダに負担のかかる治療はしない。
と、ばばと決めたときは、ほんとうにそうだろうか、と、悩みましたし、いまでもときおり考えます。
ですが、悩みながらその子のために決断し、その決断したことを苦しむのは
かれらのいのちを大切にあずかってきた私たちだからですよ。
なんて、エラそうなこといえる立場じゃないんですけど、
なんとなく、自分にむかって言ってるようにも思っています。

モモさん、ドアを開けて帰ってきたんだ。いいなー。
氏は、うちにはまったく寄り付いてくれませんよ。
どこで何をしてるのやら。
そろそろ戻ってきてくれてもいいのにねー。

| G2 | 2010/06/25 00:58 | URL |

あれから1年が過ぎたのですね・・・。

ぷーたろー氏が旅立たれた日の どなたかのコメントに“専務”という言葉を見つけ「もしや?」と思ったわたし。
ぷーたろー氏はあの“専務”だったことを知りました。

若かりし日の専務のほっかむり姿に一目ぼれし・・そして数年後、専務=ぷーたろー氏とは知らずに「縁側日記」の ちゃんちゃんこ姿の氏に心を奪われました。
1度ならず2度までも 私のハートを射抜いたぷーたろー氏。
あなたは 本当にイイ男 でした。

ウチの4才半になった子(パグ)はあちこち悪いところだらけで いつまで一緒に居てくれるのかわかりませんが「ぷーたろー氏が目標だよ」っていつも言い聞かせているんですよ。

侍従様 ばば様 そして かぼちゃんも、お元気でお過ごし下さいね。また会いに来ます。


じじ様は「こっちはこっちで楽しくやってるぞー なんも心配いらんからなぁ~」って あの写真のように笑って言っておられるような気がします。






| ふうたん | 2010/06/25 01:05 | URL |

7年経って知りました

はじめまして。今年に入り、ぷーたろー氏のブログを知り
旧日記も含む此方のブログも読み倒して大ファンとなった
わたくしですが。
上に書かれておられるふうたん様のコメントを拝見し
驚きました…

ぷーたろー様。あなたはあの専務殿だったのですね
もう7年前になりますか、HPを拝見し虜になりました
湯船に浸かり頭には手ぬぐい。大人の色香を漂わせていた
御姿を今も思い出します。
今改めて日記を拝見すると、可愛らしい瞳が同じ
なにゆえ今まで気付かなんだ自分。

ぷーたろー氏は本当に粋でいらっしゃいます
どうか、また氏のお話をお聞かせ下さい。

| 白あん | 2010/06/26 15:27 | URL |

>ふうたんさん
そうですか、氏の現役時代をご存知だったとは!
2度もふうたんさんの心を射抜くことができたとは!こちらも光栄でございます。
若かりし頃の氏はそれはそれは香り立つような良いオトコでございましたでしょ。
私どももさいしょから最後まで氏に骨抜き
でございました。

パグたちにとって厳しい季節がやってきます。
ふうたんさんちのぱぐちゃんのご健康をお祈りいたしておりまする。


>白あんさん
白あんさんも、現役自体の氏をご存知だったのですか。
いやー、嬉しいです。
そうです、氏は、流し目一つで人をコロすと言われた(ほんまか)
あの専務でございますよ。
専務を引退され、ここでご隠居生活に入ってもなお
その眼力は衰えるどころか、ますます強くなっておりました。

目の表情は幼い時からかわりませんでした。
思い出すだけで、ドキドキしてきました。

ふうたんさん、白あんさん
いやはや、氏の昔のことを思い出させてくださって
ありがとうございます。

| G2 | 2010/06/27 23:29 | URL |

おだまきの種。。。

「ぷぅ様のおだまき」の種が分けて頂けました。
『ぷうとごん』家のじゅんこさんから送っていただいたのですよ。
上手く育つように 見守っていてくださいね。
育てながら、また ぷう様を偲びますです。
そ~れから、世の中の パグ族&わんこがもれなく幸せになりますように。。。って
私、別名「花枯らし名人」って呼ばれています。。。
一抹の不安があるっちゃぁあるんですが・・・  がむばりますですよ
応援!よろしくねっ!

| ぱんぷう | 2010/07/01 16:49 | URL |

ぱんぷうさんへ

こんにちは。
そうですかー。
あの氏のオダマキがそういう風に広がってくれているんだと思うと、
とてもうれしいです。
このオダマキはほっといてもどんどん増えますから
がんばりすぎないくらいがいいかもしれません。

これからあつくなりますね。
パグたちにとっては
ガハガハ度急上昇の厳しい季節ですけど
ぼちぼちいきましょう。

| G2 | 2010/07/05 10:55 | URL |

1年ぶりにお訪ねしました。
じゅんこさんとうどまま経由でぷーたろー氏の事を知り、
旅立ってしまった時は、
にわかファンの私でしたが、悲しかったです。

(うどままが頼み)じゅんこさんから種を分けてもらい、
発芽したので意気揚々と今日はお訪ねしました。


コメントを残すつもりは無かったのですが、
「いっしゅうきに。」を拝見して、見取ることの難しさを考えさせられました。

私は今年の春にパグをなくしてしまいました。
看取ることが出来なかった事が後悔の95%でしたし、
今も後悔として残っています。
あの春の日、何もしていないと後悔で押しつぶれそうだった私に
何年か前に大切な人をなくしたと前置きの文章があり、
「大事な存在のひとの死に対して何かしらの後悔を感じない人はいない」
というメールが来ました。
『私はクゥが大好きだから後悔するんだな。』って思って、少しだけラクになったのです。
大好きだから、大切だから後悔するんですよね。

なくしてしまった事は今も悲しくって仕方ないのですが、
大切だと思える存在に出会えたことは、私の人生にとって幸せな事だと思うのです。
取り留めのない文章でスミマセン。
これからは『かぼろぐ』をひっそりとお訪ねさせて下さいね。

| ちょび子 | 2010/07/08 11:34 | URL | ≫ EDIT

ちょび子さん

こんにちは。

お返事をなんとかえそうかとおもいあぐねつつ、
すっかり季節は夏になってしまっていました。
あついですー。

おそくなりましてごめんなさいです。

あのときのぷーたろー氏のオダマキが、
しらないところで増えていってくれてるんだなということに
「すごいなー、うれしいなー」
と、ちょっと人ごとみたいに感動しております。

今年の春にぱぐちゃんとの別れがあったのですね。。。
しかたのないことだとはわかっていても、
心が痛みます。

たしかに、存在の大きさの分だけ、
いなくなってしまったあとの悲しみや淋しさは大きいもののようなきがします。
そして、それを知っている人は
他人の別れに対しても
同じような悲しみを感じとってしまう、
いや、感じ取ることができるのかもしれません。

「別れを悲しみたくなかったら、一切”大切なもの”をもたへんことや。大切やと感じるこころを持たへんことや」

と、いわれたことがあります。

大切な存在を、大切に感じ、
そのぶん幸せな時をすごした私たちには
しっかり悲しむこともモレなくついちゃってくるのかもしれません。


今年の夏も、キビしそうですよー。
生き抜けー。

| G2 | 2010/07/24 14:23 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT